過去問を終えて

この記事は約1分で読めます。

 昨日は書いてたように残り4科を実施。採点も終えて返却した。

 結果は…なかなか厳しい。今年は例年になく文系科目が悪い子が多い。英語は難しい年だったので仕方ない面もあるが、この時期に来ても社会が悪いのはいただけない。得手不得手はあるものの、基本的には時間をかければ確実に上がっていく科目。いや、他科目だって時間をかければ上がるのだけど、かけた分が一番確実に点数として跳ね返ってくるのは社会じゃないかな。

 何よりもマズいと思うのは、シリコンバレーとか日米修好通商条約とか、ホント基本中の基本的な用語すら書けてない子がいること。これに関しては、説明・理解云々がほぼ無いものだし、こういう語句も知らんかったら、そりゃ難しい内容の理解なんて先の先。教科書を「読める」ためにも基礎用語の習得は必須だからね。

 あとは国理社の記述。そもそも日本語になってない。これは例年多いので正直慣れてきた(涙)本格的に普段から理社の時間削ってでも、国語に時間割かないといけないところまで来てるのかもしれない。

 今日このあと解説するので、しっかりと自分のものにして欲しい。「1ミリでも成長した自分で明日へ行くこと。」これしかない。日々コレを徹底することで合格は確実に近づいてくる。「なんやよう分らんけど、塾で4時間も過ごしたんだから成績上がるやろ。」は無いからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました